本文へスキップします。

H1

協会からのお知らせ

協会からのお知らせ詳細

令和4年度豆類振興事業の公募結果をお知らせします。

2022/02/10

令和4年度豆類振興事業については、令和3年11月19日~12月3日に当協会ホームページで公募を行い、外部有識者からなる審査委員会において採択候補が選定されました。
採択候補事業は、以下のとおりとなりましたのでお知らせします。
今後、必要な手続きを経て正式に決定し、助成金を交付することとしております。

[調査研究費(雑豆需要促進研究)]
              
番号 応募研究課題名 研究代表者
1
 フルーツ大福に適した餡のレオロジー特性と食感に関する研究  県立広島大学 
 教授 杉山寿美  
2  高齢者における植物性タンパク質としてのインゲン豆の日常的な使用を可能にする料理方法の開発とその評価について  東京医療保健大学医療保健学部  
 准教授  梶 忍
3  インクルーシブスイーツの開発とえん下食としての評価  熊本県立大学
 准教授  吉田卓矢
4  微量要素肥料の施用が小豆およびいんげんまめの必須微量元素の富化および収量安定性に及ぼす影響  酪農学園大学
 教授 義平大樹 
5  餡の性状と色彩が餡および菓子の美味しさに及ぼす影響  神奈川工科大学
 准教授 野村知未
6  小豆餡の腸内発酵特性の解明による健康機能性食品としての付加価値向上  帯広畜産大学
 特任助教 永田龍次

[試験研究費]

番号 応募研究課題名 研究代表者
1
 小豆コンバイン収穫向け系統における選抜・評価体系の最適化と開発強化(R4-6)  地方独立行政法人北海道立総合研究機構
 十勝農業試験場 
 主査(小豆菜豆)堀内優貴
2  小豆における食味評価法の確立と加工適性に優れる高温適応性系統の選抜強化 (R4-6)   地方独立行政法人北海道立総合研究機構
 十勝農業試験場 
 主査(小豆菜豆)堀内優貴
3  紫色色素の分析を基盤とした加工特性を向上させた小豆の育種を目指す開発試験(R4-6)  名古屋大学
 教授 吉田久美
4  京都アズキ遺伝資源の類縁関係の解明とミニコアコレクションの開発(R4-6)  京都先端科学大学バイオ環境学部
 教授 船附秀行

[技術普及事業費]

番号 応募研究課題名 研究代表者
1
 全国豆類経営改善共励会  全国新聞情報農業協同組合連合会
2  大豆新技術等普及展開事業  一般社団法人全国農業改良普及支援協会
3  国産大豆の需給・品質に関する情報の収集・提供事業  公益財団法人日本特産農産物協会
4  良品質豆類生産安定指導事業  北海道農業協同組合中央会

[豆類生産対策事業費]

番号 応募研究課題名 研究代表者
1
 豆類優良種子増殖事業  公益財団法人日本特産農作物種苗協会
2  雑豆原種等生産事業  十勝農業協同組合連合会
3  雑豆原原種及び原種生産事業  ホクレン農業協同組合連合会
4  豆新品種の開発普及事業  北海道豆類種子対策連絡協議会
豆類豆類消費啓蒙事業費]
              
番号 応募研究課題名 研究代表者
1
 豆の日普及啓発事業  一般社団法人全国豆類振興会
2  豆類食品消費啓発推進事業  全国豆類食品消費啓発推進協議会
3  菓子製造技術高度化事業  全国菓子工業組合連合会
4  乾燥豆等消費啓発推進事業  全国穀物商協同組合連合会
5  餡の消費啓発推進事業  日本製餡協同組合連合会
6  北海道豆類流通改善・消費啓発推進事業  北海道豆類振興会
7  和菓子消費啓発推進事業  和菓子消費啓発推進協議会
8  パン製品等における国産小豆利活用促進事業  パン食普及協議会
9  関西豆類流通改善・消費啓発推進事業  関西輸入雑豆振興協議会

お知らせカテゴリ