本文へスキップします。

H1

ひよこまめ

コンテンツ
ひよこまめ ひよこまめは、豆粒の臍の近くによく目立つ鳥のくちばしのような突起があり、文字どおりひよこのような形をした豆です。英名は「ひよこ」を意味する"chick"に「えんどう」やこれに似た丸い豆を意味する"pea"を重ねた"chickpea" (チックピー)で、中国でも「鶏児豆」と呼ばれています。このため、一般的には、ひよこに似た豆の形が名前の由来と認識されています。しかし、本当は、ひよこまめのラテン語"cicer"を語源とするフランス語"pois chiche"(poisは英語のpeaと同義のフランス語)が、英語では転訛あるいは勘違いから"chickpea"とされてしまい、和名もこれを直訳したもので、ひよこに形が似ている云々は後から付けた理由ということのようです。スペインではガルバンソ(garbanzo)と呼ばれ、日本でも、メキシコからの輸入が多かったせいもあり、これを英語読みした「ガルバンゾー」という呼び名が一般化しつつあります。

 ひよこまめには、豆粒の大きさが10~13mm程度で表皮の色が肌色の大粒種(Kaburi)と、7~10mm程度で濃褐色の小粒種(Desi)があり、原産地はヒマラヤ西部を含む西南アジア地域と推定されています。

 日本での生産は行われておらず、国内で流通しているひよこまめは、メキシコ、米国、カナダ等から輸入されたもので、ほとんどが大粒種です。世界の生産量は860万トン程度で、そのうち2/3はインドが占めています。インドのひよこまめの多くは小粒種で、挽き割り(ダール)にしてスープに利用したり、粉末(ベサン)にして揚げ物の衣などに利用されています。

ひよこまめの花 ひよこまめは、食感が栗に似ていることから「くり豆」とも呼ばれることがあるように、独特のホクホク感があり、日本でもカレー、スープ、サラダ等の食材として利用される機会が増えてきました。