本文へスキップします。

H1

10月13日は「豆の日」です~健康に良い豆料理を食べましょう~

豆プレゼントフォーム

豆の日とは

 「豆の日」は、「豆名月」とも呼ばれる旧暦9月13日の「十三夜」に、収穫に感謝して名月に豆をお供えして食べていた風習にちなんだものです。
 旧暦9月13日の「十三夜」は、新暦では年によって日付が変わってしまうため、日付けは月遅れの新暦10月13日とされました。

 日本には、古くから旧暦の8月15日の「十五夜」と9月13日の「十三夜」に満月を眺めて楽しむ、お月見の風習があります。今ではお月見のお供えといえば、月見団子が定番ですが、昔は、ちょうどその頃に収穫される作物として、十五夜には里芋を、十三夜には豆をお供えして食べる風習がありました。そのため、十五夜は「芋名月」、十三夜は「豆名月」とも呼ばれています。

 10月13日は「豆の日」、またその前後を含めた10月は「豆月間」として、全国の関係者が、豆や豆製品に関する様々な普及啓発活動を行っています。

豆の日ポスター

豆は世界的に重要な作物です!

 豆は穀物に次いで古くから食用栽培された植物と言われています。たんぱく質、炭水化物、各種のビタミン、ミネラルなどを豊富に含む栄養に優れた食品として、昔から世界各地で多くの種類の豆が栽培・利用されてきました。
 現在では、健康的な食生活だけでなく、持続可能な農業生産や気候変動の緩和などにおいても豆は重要な役割を果たしています。
 特に、豆は根に大気中の窒素を固定する能力を持つ根粒菌という土壌微生物が住んでいることが特徴です。このため、豆を他の作物と一緒に栽培することにより土壌は肥沃になって化学肥料の使用が減少し、農地の生産性が向上するだけでなく、地球温暖化の緩和や生物多様性の保持に貢献しています。

豆は体に良い栄養素の宝庫です!

 私たちが食べている豆は、土にまくと芽が出て育つ豆の種でもあります。ひと粒ひと粒は小さい豆ですが、芽吹きのためのパワーが小さな粒に詰まっており、私たちの体に必要な栄養素も各種豊富に含んでいます。
 豆には、たんぱく質、炭水化物、各種のビタミン、ミネラルのほか、今注目の機能性成分である食物繊維、ポリフェノールなどの成分も豊富です。最近は、豆だけが持つレジスタントスターチ(消化されにくいでんぷん)の一種である「あん粒子」も注目されています。

豆を食べていきいき健康に!

 健康を維持するには、栄養バランスのよい食事をとり運動を続けることが重要です。
 ひと粒の中にさまざまな栄養素を含む豆は、料理の素材として加えるだけで、栄養バランスを整え、気になるさまざまな症状の予防や改善に役立ちます。
 「豆の日」を機に、おいしくてヘルシーな豆料理を、ぜひ毎日の食卓に取り入れてみませんか。

健康に良い豆料理用の乾燥豆とレシピ集をプレゼント!

 (プレゼントは終了しました。多くの方のご応募、ありがとうございました。)

おいしくてヘルシーな豆料理にチャレンジしていただけるよう、健康に良い豆料理の材料となる乾燥豆の小袋3種類と27レシピが掲載された小冊子をプレゼントします。

プレゼント応募要領

1 応募期間:2021年10月6日(水)~20日(水)

2 プレゼント内容:応募者の中から抽選で100名様にプレゼントします。
・乾燥小豆(250g)           1袋
・乾燥金時豆(250g)        1袋
・乾燥ひよこ豆(250g)       1袋
・小冊子「豆を食べて健康生活」


3 応募方法:
①以下の応募フォームに必須事項をご記入のうえ「確認画面へ」のボタンをクリックし、間違いがなければ「送信」のボタンをクリックして下さい。
②応募者は、日本在住の方に限ります。
③応募はお1人様1回とさせていただきます。

4 当選発表:
応募締め切り後、厳正な抽選の上、当選者を決定します。当選はお1人様1回とさせていただきます。プレゼントの発送をもって当選発表とさせていただきます。

5 個人情報のお取り扱い:
ご記入いただいた個人情報は、当協会の「個人情報の保護に関する基本方針」に基づき、厳正に管理いたします。また、プレゼントの発送以外には使用いたしません。

〈応募フォーム〉
は必須です。

 
例)田中 太郎
 
例)たなか たろう
 
 
例) 000-0000-0000 ハイフンを加えて入力してください。
 
例) 000-0000 ハイフンを加えて入力してください。
 
 
 

※このフォームは、SSLによる暗号化により個人情報を安全に送受信いたします。