最新情報
豆R&D
豆クッキング
豆の種類と特性
豆の分類
豆の種類別特徴
豆の通ってきた道
豆の栄養性
豆の生産から消費まで
豆の栽培
豆データブック
豆ライブラリー
豆フォトギャラリー
Q&A
リンク集


HOME > 豆の種類 > 豆の種類別特徴 > 金時豆(きんときまめ)

豆の種類別特徴

金時豆(きんときまめ)

金時豆 金時豆は、いんげんまめの中でも代表的な銘柄で、北海道で栽培されているいんげんまめのうち金時豆が約7割を占めています。中でもよく知られているのが「大正金時」という品種です。昭和初期に北海道十勝地方の幕別村(現在は幕別町)で「金時」という品種を栽培している畑の中から早生・大粒の1株が発見され、これが増殖され、大正村(現在は帯広市の一部)で量産されたことからその名が付きました。赤紫色が鮮やかなことから、「赤いんげん豆」とも呼ばれることもあります。

金時豆の花 いんげんまめには蔓性と蔓なしがありますが、「大正金時」は蔓なしで、種子は大きく2p近くもあります。その後、品種改良が進み、さらに大粒の「北海金時」、「福勝(ふくまさり)」、「福良金時(ふくらきんとき)」、「福寿金時(ふくじゅきんとき)」などが育成されています。また、表皮が赤色の品種から派生した白色の品種として「福白金時」などがあります。赤色系品種は「金時豆」、白色系品種は「白金時豆」という銘柄名で総称され、流通しています。

 金時豆は粒の形が良く、食味も優れていることから、煮豆用に最も適した豆とされ、洋風の煮込み料理にもよく用いられます。甘納豆の原料としても重要です。白金時豆は、白餡の原料としても利用されます。
 
Copyrights:(c) 2005 (公財)日本豆類協会 All Rights Reserved.


豆類基金 (財)日本豆類協会について サイトポリシー サイトマップ お問い合わせ