豆類基金 (財)日本豆類協会について サイトポリシー サイトマップ お問い合わせ
最新情報
豆R&D
豆クッキング
料理ジャンル別料理分類
豆種類別料理分類
豆料理のコツ
プロの豆料理
プロ向け情報
豆の種類と特性
豆の栄養性
豆の生産から消費まで
豆の栽培
豆データブック
豆ライブラリー
豆フォトギャラリー
Q&A
リンク集
 
HOME > 豆クッキング > 豆料理のコツ > 1.豆料理の基本的手順

豆料理のコツ 1.豆料理の基本手順 ー 豆クッキング ー


1 豆料理の基本的手順 2 豆の戻し方 3 豆のゆで方 4 下ゆで時の裏技 5 甘味付け 6 ゆでた豆の保存方法
1 豆料理の基本的手順 −「戻す(水に浸す)」、「下ゆでする」−

  豆が健康に良いことは分かっていても、「調理に手間がかかって面倒」と思い込み、豆料理を敬遠している人が多いようです。でも、ちょっとしたコツを覚えれば、誰でも簡単に豆を調理することができます。
  さらに、乾燥豆は常温で長期保存が可能であり、ゆでた豆も1ヶ月程度冷凍保存できます。このため、台所に常備し、休日や家事の合間にまとまった量をゆでて保存しておけば、必要に応じいつでも利用が可能で、むしろ忙しい人向きの便利な食材といえます。
  乾燥豆を料理に使う際の基本的手順は、「戻す(水に浸す)」、「下ゆでする」の2つです。これをマスターすれば、いろいろな豆料理を手軽においしく楽しめるようになります。
  下ゆでした豆は、さらに煮含めたり、漬け込んだりして味付けする場合と、そのまま他の食材とともに料理に使う場合があります。

水に浸して戻す
下ゆでする
下ゆでする

次ページへ→

ページの先頭へ戻る▲


 
Copyrights:(c) 2005 (公財)日本豆類協会 All Rights Reserved.